市川のゆるキャラ『市川梨丸』くん

こんにちは!
市川市の梨直売所サイトです。

 

本日は金曜日。
花金です。
・・・といっても今の若い方々には通じません。

 

これがジェネレーションギャップ!!

 

 

 

さてさて、本日のブログはこちら。
巷で話題のご当地キャラ・ゆるキャラですが、市川市にも可愛いいキャラクターがおりますのでご紹介いたします。

 

その名も『市川梨丸』!!

 

 

 

 

えっ!梨!!!?

 

こちらのキャラクター、市川市動植物園の「シセンレッサーパンダ」と市川市名産の「梨」をあわせたものだそうです。

 

キャラクターの生い立ちを見てみると、もともとは市川市動植物園で普通に過ごしていたレッサーパンダが大好きな市川の梨を食べ過ぎて、ある日突然胸に梨のマークが出現。
人間のような動きが出来るようになったとか。(ちなみに男の子です)
二足歩行もすっかり板についている様子。
市川の梨を愛する私達としてはなんとも魅力的なキャラクター!
しかも可愛い!

 

image

※ 市川市ホームページより画像をお借りいたしました。

 

 

今は市川動植物園で暮らしているそうですが、登場するのは稀だとか。
市川市のホームページによりますと、次回梨丸くんが登場するのは6月14日(日)です!
子供達に大人気の市川梨丸くん。
6月14日はご家族で市川動植物園へ足を運んでみてはいかがでしょうか^ ^

 

以前、梨ブログにて園内のご紹介もしておりますので、よろしければご覧ください^ ^
大町梨街道のご近所の市川動植物園

 

 

 

市川が誇る有名画家『東山魁夷』

こんにちは!
市川市の梨直売所サイトです。

 

 

皆さま、東山魁夷(ひがしやま かいい)という人物をご存知でしょうか。

 

この方は20世紀を代表する日本画家です。

 

とても美しい風景画の数々はどれも有名で、目にした事がある方も多いのではないでしょうか。

 

東山魁夷とは、市川市と縁のある方です。
それもそのはず。
なんと、生涯の大半を市川市で過ごしていました。

 

 

そんな今回は、東山魁夷について少しお話しさせていただきます。

 

東山魁夷とは、産まれは横浜。育ちは神戸。
ドイツへ留学していた時期もあります。

 

戦後間もない1945年から1999年の50年余りは市川に在住し、市川で描いた作品も数多く存在している事から、その素晴らしい画業は市川の誇りです。

 

画伯と呼ばれてもなお、常に自身をみつめ修行僧のように画業を積み重ねていったその生き方は、彼の描く世界の中に投影されています。

人物を知らずとも彼の描く作品と出会った事がある方も多いはず。
わたくしもその一人です。
作品を知り、後になってはじめて東山魁夷という人物を知りました。

 

私の個人的な印象ですが、彼の描く多くの風景画は、実際に何処かにあるかのような風景に見えるものの、色遣い、光の刺し方など独特の描き方をしているので、別の世界の一部を切り取ったような印象を受けます。

 

とても静かで、穏やかで
淡々としているようにも見えますが、見ている自分の心が鎮まるような、不思議な感覚になります。
とても好きな日本画家です^ ^

 

市川には東山魁夷記念館もありますので、ご興味のある方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

作品は掲載できませんので近いイメージで申し訳ございませんm(_ _)m

東山魁夷 市川

 

 

市川市東山魁夷記念館
アクセス

●電車
JR下総中山駅より徒歩約20分(約1.3キロメートル)
京成中山駅より徒歩約15分(約1キロメートル)

●バス
京成バスシステム柏井線「市営霊園・保健医療福祉センター」行き、「下総中山駅」から
「北方」バス停下車約1分
市川市コミュニティバス、同「北方」バス停下車約1分

●住所、電話番号
市川市中山1丁目16番2号
TEL 047-333-2011

 

 

 

 

今年の夏は暑いのか!? 〜2015〜

こんにちは!
市川市の梨直売所サイトブログです^ ^

 

 

 

本日も市川は晴天なり。

 

最高気温は30度を超えるとか。
それでもやはりまだ5月という事で、湿度が控えめなのが過ごしやすいところでございます。

 

市川市の梨農家さんは、5月頃から実った梨の中で良い梨を選別する『摘果』が行われます。
これは収穫が始まるまで繰り返す作業です。

 

残した梨が良く育つかどうかを左右する天候は非常に気になるところです。
果樹はお米よりもはるかに気象条件に敏感であり、育てるのは簡単なものではありません。(もちろん、お米も簡単ではありません!)

 

 

さあ、今年の夏はどうでしょうか。

 

 

日本気象協会の天候予測によりますと、今年の夏は平年に比べて暑くなるそうです。
特に関東から東海を中心に猛暑になる予想。

 

日本梨は寒暖に強い方ではありますが、猛暑があまりにも続くと甘さが乗らなかったり良い梨にする為に手を焼いてしまいます。
自然の力にはかないませんが、たくさんの太陽と雨を浴びて今年も美味しい市川の梨がいただける事を願っております。

 

わたし達も、今から熱中症には気を付けなければなりませんね!

2015年はあついのか!?

 

 

 

市川市民の花は薔薇(バラ)の花

こんにちは!
市川市の梨直売所サイトブログです^ ^

 

市川の地域特産品といえば『市川の梨』
ですが、、、
『薔薇(バラ)』も特産品のひとつである事はご存知でしょうか。

 

市川市とバラの歴史は、戦後間もない頃へと遡ります。

国府台にある式場病院の初代院長 式場隆三郎氏が中心となって院内にバラ園を作った事がはじまりとなります。

バラの愛好家達の様々な活動を経て、昭和50年にはバラを市民の花として制定!

 

その後、鑑賞できるバラ園を市内の公園に整備したり、バラを活用した商品を提供する一連の取り組みを「いちかわバラ物語」と総称し、パンや洋菓子、和菓子などの商品開発に力を入れたりという活動を行っているのです。

IMG_5779 FullSizeRender IMG_5784 里見の薔薇

 

 

以前ブログでもご紹介しました、市川動植物園大洲防災公園にも美しいバラ園があります!

 

今ちょうど満開の時期なので、お散歩がてらにバラ園巡りなんていいかもしれませんね^ ^

 

わたくしも先日、里見公園へと足を運びましたがこちらのバラもオススメです!
色とりどりのバラに囲まれ、優雅な香りを楽しませていただきました。
(女性の皆さま、薔薇の香りには嗅ぐだけで美しくなる効果もあるそうですよ。)

 

こんなに素敵なお花が市民の花とされているなんて嬉しく思います^ ^

 

 

2015年も市川市の梨ブログはじめます!

昨年よりこのブログに目を通して下さる方、ご無沙汰しております。
そして初めましての方、こんにちは。

 

市川市の梨直売所サイトブログです。

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます^ ^

市川市は暑い日が続き、梨の季節が近づいてまいりました。
梨の成長と共に、市川市の梨直売所サイトブログは2015年度も市川の梨情報や市川市にまつわる情報の更新を重ねていきたいと思います。

本家サイトである市川市の梨直売所サイト共々、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 

 

さて、現在の市川の梨はというと・・・

ジャン!

 

 

image

 

全体を写してしまい少し見ずらいですが、しっかりと実が育っています!!

まだピンポン玉より小さいくらいのかわいらしい大きさの梨。

 

これからの成長が楽しみです^ ^